建物を建て替えする時のローン


【「建築基準法」に適合しない建物は建て替えやローンの借り入れが困難に】

<建て替え時、我が家の庭が削られる可能性も>
中古一戸建てに限らず、建物の安全性、近隣への影響などを考慮するために、「建築基準法」や「都市計画法」などの法令によって、その土地にどんな建物を建てられるのか、制約を受けます。

建物

とくに中古一戸建ての場合、昔はこの建物でも問題なかったのに、法律の改正によって現在は違法建築物になってしまった……という住宅があるので注意が必要です。こうした物件は、建て替えそのものが難しくなったり、できたとしても「今よりも小さい住まいしか建てられない」「庭が削られる」といった制約を受けることになります。


住宅情報


景気の影響を受けやすいと言われいる不動産業界。ですが、現在の不動産業界は非常に好調で、業績を拡大させている企業が続出しているのが特徴となっています!つまりマイホーム購入や、投資目的でのマンション購入に意欲的な顧客が増えているのです。そんな好調な不動産業界に転職しませんか?こちらのサイトでは、不動産業界の求人情報をご紹介しております。転職をするにあたって、求人情報は多いほうがいいはず。そのほうがきっとご自身にあったお仕事を見つけやすくなりますよね。そこでこちらでは、豊富な求人情報を掲載しておりますので、ぜひアクセスをしてご確認くださいませ。お問い合わせもお早めにどうぞ!


<同様の物件と比べ割安なら何か問題あり>
こうした事態に陥らないために物件チラシを検討するときに、最低限チェックしておきたいキーワードは「再建築不可」。いくら割安でも、住宅ローンが受けにくいほか、建て替えや増築は許可されず現状の建物に住み続けることになります。「既存不適格建築物」にも注意。

住宅ローン

建てた後に法律改正があり、結果的に現在の法律に適合していないもので、たとえば建物の容積率や建ぺい率がオーバーしているなら、建て替えの際には現状よりも小さい住まいしか建てられません。「要セットバック」とあれば、建て替えは可能ですが、敷地の一部を道路として提供しなくてはなりません。これらの注意書きは物件チラシのすみに小さく書かれていることが多いので要チェック。書かれていない場合もあるので、確認を怠りなくしましょう。